The Last of Us ラスト・オブ・アス 攻略データ

ゲームシステム

基本情報

 プレイヤーは主人公ジョエルを操作、エリーはAIが自動操作する。視点は三人称を採用。
 戦闘システムは主に銃、近接格闘で構成され、プレイヤーは旅をする中で「インフェクテッド」(感染者)及び「生存者」(敵対者)と戦っていく。  


限られた資源

 ストーリーの設定上、弾丸などの消費資源は無限にあるわけではない。手に入る資源が限られているため、物品収集やアイテム装備を組み合わせて作成して生き延びていく。
 例えば、“治療キット”はアルコールと布きれ、“ナイフ”はハサミとテープなどを組み合わせて工作する。  


緊張感があるサバイバル

 ジョエルの体力は一般的なサバイバルゲームと異なり“自動回復”は無い。
 ヘルスパック等で体力を回復したり、資源を組み合わせて作る工作を利用して治療キットを作り生き残るしか手段は無い。  


学習するAI

 ジョエルの行動がエリーの行動パターン、さらには敵の行動に変化を生じさせる。
ジョエルが近接戦闘を繰り返し行っていれば、エリーもそれを学習し、近接戦闘を積極的に行っていく。
敵も同様にジョエルの行動パターンを学習し、配置や行動が変化する。



Listen Mode

 R2ボタンを押すことで、耳を研ぎ澄まし、壁越しにいる敵を可視化できる。


マルチプレイ

マルチプレイヤーモードの名称は“Factions”

 “Supply Raid”と“Survivors”の二モードが用意されている。
 “Supply Raid”は4vs4の最大8人対戦。プレイヤーは20回のスポーンが与えられる。
 “Survivors”マッチ毎に7発の弾丸が支給され、プレイヤー死亡時はラウンド終了まで復活不可となる。
   
 ⇒マルチプレイヤーマップは7種類で、大学の中庭や、雪が降る居住地、高校の図書室、屋内のジムなどが確認されている。
 ⇒キャラクターの外観をカスタマイズ可能で、アンロック可能なマスクやヘルメット、ジェスチャーが用意されている。
 ⇒ロードアウトにはデフォルトの4クラス(AssaultとSniper、Support、Stealth)に加え、4つのカスタムスロットが用意されている。